派遣会社の裏事情について

最近、派遣業から撤退する派遣会社が後をたたないが、そてはひとえに派遣法改正がその背景にある。

派遣会社の裏事情について

派遣会社の裏事情について

派遣法の改正が迫っている。そのなかで注目されているのが専ら派遣の問題である。派遣会社は、いわゆる独立系と親会社を持つ系列系の二種類がある。系列系の場合、親会社への派遣割合を厳しく制限され始めたのだ。厳密に言えば親会社のみならず、グループ会社への派遣が規制の対象とされたのである。

そもそも、系列系の派遣会社は親会社やグループ会社への派遣を目的に設立されている。それがダメになるのである。無論、親会社以外のクライアントがあれば良いが、そうそう顧客を作れるわけではない。したがってここ数年、系列系の派遣会社の派遣業からの撤退が見られるのである。

撤退したからといって、派遣していた派遣社員を簡単に解雇できるものではない。派遣社員は派遣先に直接雇用される場合が多いようである。もしくは、派遣会社ごと他の派遣会社へ売却されることもあるようである。どんな業種もそうであるが、始めるのは簡単だが止めるのは難しいものである。

そのほかお薦め記事